物語を守り、語り継ぐ
唯一無二の「プロフェッショナル」を目指して。

生まれは岐阜の郡上八幡、育ちは愛知県愛西市で育ちました。
高校生の時に、一日看護体験に行き、「ありがとう。」と感謝をされる喜びを感じました。
人に感謝されるやりがいを求めて看護師になりました。
しかし看護師は楽しくやりがいもある仕事でしたが、多くの患者様と接する中で一つの葛藤にぶつかりました。
豊かな日本でも、お金がないため正しい治療が受けられない方や、お金がないことで家族を守れない方がいました。
一方で、その中でも保険に加入している方は違いました。
毎月何千円・何万円というお金が、何百万・何千万という大きなお金に変わり、 「本当に保険に入っていて良かった。」 という方にたくさん出会いました。
その時に保険の大切さを知り、保険の力を一人でも多くの方に伝えたいという思いで保険業界に転職することを決意しました。
初年度よりMDRT(卓越した生命保険・金融プロフェッショナルの組織)会員となり、トップセールスマンとして活躍しました。
8年トップセールスマンとして継続し、約1500世帯3000人のお客様を保有する中、多くのお客様に金融リテラシーが不足していることに気付きました。
「風邪を引いたら、体調が悪かったら、すぐに病院に行けば良い。」というように医療に関するリテラシーはあり、すぐに行動に移します。
しかし、「金融商品はお付き合いで入っている。」「家はどのタイミングで購入すればいいのか?」というようにお金に関する正しい知識や考え方、またそれらの相談をどこに聞いていいか分からない方が多いことに気付きました。
そして、その「分からない」が親子三代ともに同じで、金融知識が不足していることで損をしている方も多い中で、日本人の金融リテラシーが低いことを解決したいと思いました。
そして、一人でも多くの方に金融リテラシーを高めていただく為に、会社を立ち上げることにしました。
当社では、正しい金融知識を広める為のセミナーや、それらの支援(マーケティング)を中心に活動をしております。

我々は、未来への希望や安心を見出すお手伝いをするために、時間をかけて、おひとりお一人と対話を繰り返し、物語をお聴きします。
夢、家族、仕事、健康、決意、挑戦、愛…そして望む未来について。適切な金融知識をご案内することは、我々の仕事の一部にすぎません。
大切な「物語」を託せる「信頼できるプロフェッショナル」として認めていただき、永続的に歩めることこそが、最も大切な志事なのです。
1000年後。そのころ、現代を生きるAIreマーケティングのメンバーはこの世にいません。
しかし、こう想像します。
先代たちの決意や勇気、生きた証や歩みの軌跡を聴くために、未来を担う子供たちが当社を訪ねてきてくれたなら、それほど嬉しいことはないだろう、と。
物語を大切に守り抜き、時にそうして語り継ぎながら、信頼資産を築くことが、当社が目指すコレクティブな生き方です。